3Sセグメント工法概要

円形管、矩形渠等の施設(管渠、人孔)の内面に硬質プラスチック製のセグメントをボルト・ナット等で組み立てた後、管渠施設内壁面とセグメントの間にセメント系充填材を注入し、管渠施設・充填材・セグメントの3つを一体化した、高強度で超大型管渠施設の修復も可能にした工法です。

成形品

Φ1500 施工例

□4700×2800 施工例

  1. 既設管の内側に更生管を新設するため高強度且つ延命可能
  2. 透明セグメント使用により充填状況が明確に確認可能
  3. 用途によりセグメントの樹脂材料の選定可能
  4. プラスチック製のため軽量であり、施工が簡単
  5. 大掛りで高度な機械設備が不要
  6. 一時的な施工の中断が可能
  7. 水を流しながら施工可能
  8. 管更生だけでなく、その他(二次覆工用)に応用可能
  9. 部分補修が可能
  10. 管路の状況に応じ、仕上がり内径を設計可能
  11. 勾配調整可能
  12. 地下構造物の二次覆工に応用可能

適 用

※人が入れる管渠(かんきょ)施設

円形管渠 800~ 4000
矩形管渠 1000×1000~ 6200×5000
人孔 1500~ 

施工事例

円形管

φ900mm

施工前

施工後

矩形渠

□2900×2900mm

施工前

施工後

□1400×1000mm

施工前

施工後

二次覆工

φ2400mm

施工前

施工後

公益社団法人日本下水道協会 Ⅱ類登録資材

3Sセグメント工法用管更生材は公益社団法人日本下水道協会のⅡ類認定資材です。

資器材製造工場として、茨城柿岡工場と平塚工場が認定されております。2019年4月1日付